もり塾

第2期生募集中 矢印

【書きたい人のお悩み相談室86】書くことで人生が変わる⁉︎

プロ編集者の教える伝える文章術

1/19のclubhoue、ライターズクラブの相談室にも、たくさん人が訪れてくれました。
書くことの効果、文章上達法などなど、悩みをシェアしてもらって考えることで、参加者みんなの学びになっています。

目次

「書く」と、気持ちも、生き方も変わる!

書くことは元々好きだったというYさんは、昨年もり塾のライティング講座に参加してくれました。

発達に障害のあるお子さんの宿題の手伝いで、レポートを書いていて、そのレポートが高評価連発だったことが、密かな自信となったとのこと。そのお子さんも20歳になり、これから何かやりたいなと思っている中で、ライティング講座に参加したそうです。

一体何をすればいいのか。
今はまだ、迷っているというYさん。
こんな時こそ「書く」です。

なんでもいいからとにかく書いてみる。
すると、その中からヒントがみつかります。

無意識のうちに自分でやっていること。
やりたいと思っていることをあれこれ。
それらを言葉にしていくと、その中から自分の心にぴったりの言葉が見つかります。

それを書いて、もう一度眺めると、

「これがやりたかった」という気持ちがクリアになります。

すると、意欲が湧いてくるんです!

書くことで、ものの見方が変わります。
気持ちも生き方も変わります。

書くことにはそんな効果もあるのです。

文章上達の近道は?

今は書くことが全く苦にならなくなった、というYUさん。

最初は文章が書けなかったそうです。

句読点がない、ですます/であるが混在した状態からのスタート。

でも、職場に文章が得意なスタッフがいて、ていねいに添削してくれたのだと。

そう!

文章上達の近道は、書いたものを誰かに見てもらう、感想をもらうことなんです。

自分ではなかなか「読者の目線」には立てません。アドバイスを受けて、読み手にはそのように伝わることに気づけたら、次は、それを意識して書くことができますからね。

「文章を書く」の基本は、読み手にきちんと情報が伝わること。

シンプルだけど、でも、これ、実はかなり難しいことなんですよ。

だから、ぜひ、みなさんも書いたものは、誰かに読んでもらってくださいね。

役に立つことを書きたいと思うと…

自宅でお菓子教室を開いているCさんは書くことで集客したいとのこと。

そのためには、読んで役に立つ情報を書かなきゃ、と思っているのだけれど、そう思っていると、だんだん書けなくなってきているのだそうです。

わかります!
いいものを書こうと思いすぎて、何も書けなくなるって、あるあるです!

やはり、自分自身が楽しめないと書けないのです。

苦しい気持ちで書いていたら、苦しみが読み手に伝わってしまいます。

じゃ、楽しんで書くコツは何?……そこはアーカイブをお聞きくださいね!

伝えたいと思うから伝わる

全盲のカメラマン、Oさんもきてくださいました!

目が見えなくても、音と温度と匂いと。
身体で感じたものを撮りたいと。

これ……新しい伝え方かもしれません!

表現って、伝えたい気持ちがあるからこそ伝わるんですね。

★書くことに関してあれこれ考えることのできる1時間。アーカイブはさらに情報満載です!

clubhouse【書きたい人のお悩み相談室】は毎週木曜日9:30〜
毎回、塾長とスタッフが愛のあふれる率直なアドバイス❤️をしています。
書きたい人、腕を上げたい人、ぜひご参加ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!